パワーヘルスの歴史
日本初の電位治療器としてはヘルストロンが昭和38年に当時の厚生省(現在の厚生労働省)より認可を受けました。このヘルストロンから派生するかのように、 パワーヘルスやコスモドクターなどといった電位治療器などが開発され 、家庭用として広く普及しているだけではなく、整骨院や福祉施設、その他病院などの医療施設も導入されています。また、最近の変化種として、温熱治療器やマッサージ機能などの電位治療以外の機能を持った組み合わせ治療器なども販売されており、その種類も、数十種類以上と豊富に存在しています。
昭和51年 家庭用電気医療機器 製造・販売を主に営業開始。
昭和53年1月 資本金500万円で株式会社ヘルス設立。 。
生体電子・医療機器・マイナスイオン・療法として世界でも初めて開発。
昭和56年10月 パワーヘルス5500の厚生労働省・経済産業省認可取得。 パワーヘルス5500を製造・販売開始。
昭和59年9月 パワーヘルス3500を製造・販売。
昭和60年7月 パワーヘルス9000を製造・販売。
平成9年2月 発明特許を取得。(特許番号 2609574号)
特許取得後、薬事法の改正などもあり、商品の色は茶色から金色に変更。
タイマーが60分までに変更。
平成10年6月

コスモトロン9000DX の製造・販売を開始する。
(型式認可番号 第91-50702号、医療用具60B 第896号)

平成13年2月 パワーヘルス13000を製造・販売。
平成14年6月 パワーヘルス5000・パワーヘルス7000を製造・販売。
平成16年4月 パワーヘルス14000・パワーヘルス10000を製造・販売。
平成17年4月 第二種医療機器製造販売業許可取得。(許可番号13B2X90013に変更)
平成18年4月 パワーヘルス5000A・14000A・10000A・7000Aを製造・販売。
平成22年12月 パワーヘルス14000Bを製造・販売。(認証番号 222AKBZX00086000)
パワーヘルス11500Bを製造・販売。(認証番号 222AKBZX00129000)
パワーヘルス9000Bを製造・販売。(認証番号 222AKBZX00130000)
【株式会社ヘルスの景品表示法に基づく処置命令について】
パワーヘルスのメーカーである株式会社ヘルスが2016年に、景品表示法違反による処置命令を受けましたが 一店舗の販売員の過度な販売トークに対する処置であり、商品自体に不備はなく 今現在も多くのお客様に愛され喜びの声を頂いております。
コスモトロン・パワーヘルスのことならSOSネットワークまでお問合せください

ページトップへ戻る

磁気治療器など不用な治療器買取りします
販売元: 株式会社ヘルス